直線上に配置
ステップアッテネータ
使用している抵抗器の系列は忘れてしまいましたが、よくあるステップアッテネータです。片面基板を加工して半田付けで作成。ボトムカバーはアルミ板を加工して固定のボルトでアッテネータ本体と導通させています。抵抗器、スイッチ共に一般的なものを使用しています。


両端BNCとしました。
 
3dB以上はシールドで仕切ります。
 
抵抗器は最短でスイッチに接続。
 
各ステージは銅板で配線。
 
筺体半田付けの様子。
 
BNCとスイッチは直接接続。

測定機トップへもどる
直線上に配置